FC2ブログ

とっとこ

バスかシーバスか? 



金曜の夜に大物シーバス狙いに出撃しようと平日の間にタックル準備を進めていたんですが、急遽!会社の飲み会になりまして・・
断るにも断れなくて・・

こうなったら土曜の朝1に淀川最上流へバス釣りに行こうと計画を変更。
夜の内に急いでタックルを準備。玄関に用意しておく。

仮眠から目が覚めたのはam5:00。
バッチリでした♪
しかし、天気があまり良くないです。
上流域は少しの雨でも増水の恐れがあるんで、軽く遠征になるワタシとしてはモチベーションが下がります。
・・・そのままソファーの上で寝てしまいました。

pm15:00から淀川下流域に釣行しました。
寒いですね〜 服装をどうするか悩みましたが、Tシャツの上に長袖シャツ。そして薄手のブルゾンにしました。ちょっと汗ばむ感じでしたがまあ正解かなと。。

釣りの方ですが、まあまあでした。
一発目にボイルしたバス狙いでヒットさせるも突っ込みに耐えているとプチ!っとラインブレイク(T T)
クリンチノットをしたんですが、巻く回数を多めに取ってしまい。結びながら「これはマズイかな?」と思いました、引っ張っても大丈夫だったので(指に思い切り刺さりやがった・怒)、そのままいきました。
先週の50UPには耐えれてこの40ぐらいのヤツには切れました。結び方の重要性を痛感しましたわ。
その後はダラダラと粘って30cmまでを4匹ゲット。
釣り方は先週と同じパターンでいきました。
巻きすぎて腕がダルイです。
チビでもこの釣り方だと面白いんで続けることができます。
それともう一つ再認識したことは、ワームは鮮度が命。
特に巻き巻きする場合は泳ぎが重要なんで、古いワームより買ったばかりのワームを使った方が良いということです。
できれば古いワームを使ってしまいたいんですが、この釣り方は新しく鮮度の良いワームを使った方がバイト数が圧倒的に増えます。


暗くなる前に家に帰宅。
飯を食べて、シーバスを狙いに行こうと港湾用のタックルを準備します。

しかし・・
お腹が一杯になり眠気が・・気付けばpm23:00
明日は用事があるんで、これからそっちの準備です。

だから金曜の飲み会はキライなんですよ(言い訳)
週末に向けての計画やリズムが一気に崩れ落ちました。
酒を飲まずにいようとも思いましたが、 ・・そんなのね〜(^^;

来週は潮が良くないだろうからバス釣りにしよっと。


時計をみると深夜3時です。こんな時間に日記書いているワタシ。
早く寝なくては・・ リズムが・・



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ<←ポッチっと応援よろしくお願いします<(_ _)>
スポンサーサイト



シーバスルアー カラー戦略 




シーバスのナイトゲームでのカラー戦略

・・・正直よくわかりません。
同じルアーでも色を変えるだけでバイトが多発することがあります。
錯覚かもしれませんが、やはりカラーチェンジって大切なんじゃないかな?と思うことがあります。
カラーよりアクションの方が大切なのは素人的にも判断できますが、
ここではちょっと実際にその色で釣れたシチュエーションを書きたいと思います。


※都市型河川での個人的な感覚です。

①イワシ
これは2番目に実績があるカラーです。
川でも港湾でも釣れるカラーです。
デイゲーム用だと思っていましたが、ナイトゲームで、しかも明かりが少ない場所でも良く釣れます。

②クリアレッド
バチ抜けシーズンの常夜灯絡みで実績がありました。
このカラーでは50cm以上のサイズを釣ったことがありませんが、あまり使われていないカラーなんで
常夜灯絡みのポイントでは使う価値があると思います。

③ホットタイガー
あまり釣れません・・ 釣れるなら暗い場所かな?と思います。
実績としては、イワシの群れについているシーバス達に効きました。
イワシなどのベイトが多すぎてルアーに反応しにくい場合に、とにかく目立って口を使わせたい時に使います。

④蛍光イエローバック
港湾なら結構どこでも釣れます。
暗い場所の方が実績があります。(明るい場所での出番が少ないだけですが)ボラの群れについているシーバスで実績があります。
夜でも高速巻きに好反応でした。

⑤背黒/腹オレンジ
釣れたことがないです。
完全にバス用かと思います・・ 最近では出番を多くしているんですが釣れません・・ なぜでしょ。

⑥鮎
港湾・河川ともに一番釣れるカラーです。常夜灯下でも暗闇でも釣れます。
一投目にはこの鮎カラーを投げます。
実はただの鮎カラーよりもホログラム系の鮎カラーの方が更に実績があります。

⑦ボラ/腹白
これも釣れるカラーです。
腹が白いんで目立たなくても“白"が入っているだけで食ってくれます。
ワタシはなぜか真っ白のルアーではあまり釣れません。白はワンポイントに入っているだけで十分アピールしてくれると思っています。(スレた場所での話です)

⑧ボラ/腹白+ホログラムシール
これ、結構釣れるんですよ。
更にアピールさせたい時に使うんですが、ボラパターンなどに実績があります。
やはり光を反射させるのは効くという事でしょう。

ザッと書きましたが、カラーよりも大切なのことはアクションだ! と仰る方がほとんどだと思います。
ワタシもそう思います(爆)
ですが、ワタシの中で一番釣れるカラーの鮎⑥やイワシ①を何度投げてもバイトすら無く諦めて、
最後にホットタイガー③に替えたとたんヒットした。
といった釣れ方が多くはないですが、あるんですよね。不思議なもんです。

居るのはわかっている。食うアクションも大体わかっている。でも食わない・・・
普通は見切って移動です。
でも移動する前にカラーをチェンジをしてみてください。
1匹でも口を使ってくれるやつが居るかもしれません。
状況が悪くても1匹釣れたらスイッチが入ります。

サイズが小さくても、その場の1匹を大切にしたいものです。





にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ<←ポッチっと応援よろしくお願いします<(_ _)>

タモについて 



シーバス釣りではタモ(玉網)所持は必須です。
バス釣りでも足場が高い場所では必要になります。
どちらもタモ無しで、無理に引き抜こうとしてラインブレイクするなんてことが無いように気をつけたいです。

写真のタモは持ち運ぶ時に“苦にならない”を優先して選びました。
参考にしてください。
価格はどれもリーズナブルな物です。
真ん中のタモは、ワタシがメインに使っているタモです。超お気に入りで無くては困る物です。価格は28000円→8000円ぐらいのお買い得品でしたわ♪
軽量で細くて握りやすく強いです。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ<←ポッチっと応援よろしくお願いします<(_ _)>

モバイルタックル 


自転車や旅行用のタックルを揃えてみました。
それと会社帰りに小規模河川を狙えるように的を絞りました。

上から
ベルモント(Belmont)
Power Carbon 小継玉の柄2000 定価 4830円(税込)
2メールまで伸びます。ガチガチに硬いです。
仕舞寸法が44cmで重量が220gです。
何と言ってもこのコンパクトさと軽さがウリです。
バス用なので玉網は35cmを使用します。

その下
究極の仕舞寸法35cmのモバイルテレスコロッド
●全長180cm(約6ft)
●仕舞寸法35cm
●重量110g
●扱えるルアーは5.3〜14g
●定価11000円
●その他
・究極モバイルの仕舞寸法35cm
・ステンレスフレームのオールSIC設計
・SBSシート採用の握りやすいグリップ設計
・ロッドを守る専用ハードケース付

このロッドは究極のコンパクトロッドだと思います。
他にも似たようなタイプのロッドはありますが、ワタシが気に入っているのは何よりもロッドのパワーです。
他のは大抵がウルトラライトやライトなんですよね。
このロッドはミディアムクラスで、超コンパクトテレスコロッドの割にパワーがあります。
ルアーは14g(1/2oz)まで投げられます。ガイドもまあ、しっかりしているんで安心です。
ちなみにグリップですが、ねじって回すことによって伸びて長くなり持ちやすくなります。
コンパクトロッドの欠点を少しは解決したと言えるでしょう。

※2007.9 穂先が折れてしまいました。仕舞うときには注意が必要です。
※2008.7 根掛かりを回収しようと力をかけたとき、ガイドの付け根のかぶせ?の接着が取れて全て外れた。最悪・・


タイヤの携帯空気入れ取り付けパーツにピッタリです。


その下
メジャークラフト
DAY’S(デイズ) SEASONS
DC−644M Spring SA・KU・RA
定価 19215円(税込)
●長さ:6ft4inch
●適合ライン:10-16lb
●適合ルアー:1/4〜3/4oz
●アクション:レギュラー
●4ピースモデル

仕舞寸法は53cm
重量は約125g
※個人計測です

このロッドはレギュラーアクションとのことですが、若干ファーストよりでライトジグ系が扱いやすいです。
バット部についてですが、良い言い方をすれば「硬過ぎず、しなやか」。
ミノーやシャッド、スピナベを思い通り扱うことができてノリも良くてバラシにくいと思います。
悪い言い方をすれば「すこしパワーが頼りない」。
ジグ系が扱いやすいんですが、やはりパワー不足が感じられます。
なので濃いいウィードエリアやブッシュエリアでは非力に感じます。と同時に繋ぎ目が心配になってきます。
しかしながら繋ぎ目は全て印籠繋ぎなのでタフでしなやか。
全体的にキレイな弧を描き4ピースであることを忘れてしまいます。

値段からしてオススメの一品です。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ<←ポッチっと応援よろしくお願いします<(_ _)>

週末はバス釣りへ 

東播に行く予定です。
前回の釣行はタフコンディションだったため超不発に終わりました。
今回はどうなんでしょう。

野池の釣り方を勉強するためにいろんなHPを参考にしようと思います。
釣り方や使っているルアーを詳しく書いてくれているHPはホンマありがたいですわ。
感謝感謝♪



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ<←ポッチっと応援よろしくお願いします<(_ _)>