FC2ブログ

とっとこ

チューブラータイヤのパンク 


ワタシがチューブラータイヤを使っている理由は、チューブラータイヤは軽くて乗り心地がしなやか・・・・・だからではなく、
単純に格好いいディープカーボンリムがその仕様だったからです。
どちらかというとクリンチャーの方が好きで〜す♪


いつも思います。
出先でチューブラータイヤがパンクしたらどうする?
思い切って高級タイヤを買ったはいいが、パンクしたらそのタイヤはどうなる?
考えただけで胃がキリキリ痛くなりますわ (ー"ー;)


ワタシはパンク予防として「シーラント剤」をタイヤ(チューブ)に注入していました。前の青野ダム遠征時のことですが、タイヤにブスッ!と画鋲が刺さったにもかかわらずパンクを防いでくれた実績があります。
その他にも気付いていないだけで、パンクしていたけどシーラント剤が瞬時に穴を塞いでくれていたのかもしれません。
パンク予防としてそれなりに役立つシーラント剤ですが、ここ最近は逆に何かと悪作用しているのではないか?と疑問に思うことが結構あります。




写真は先日のパンクの原因となったバルブコアの破損(左)。
普通に使っているだけではこんなことにはならないと思います。
シーラント剤がこのバルブコアにどう影響を与えているのかはいまいち想像がつかず、そのせいじゃないかもしれませんが結果こうなっては怖くてもうシーラント剤は使えません。

今後はシーラント剤を注入するのを止めることにしました。
しかしワタシはシーラント剤の優れた性能を知ってしまっているので、今後はですね。違う使い方をします。

それは、パンクした時に少量を注入して穴を塞いでもらうのです。
予防ではなく修理に使うのです。
少量なのでバルブへの影響も少なく済むしタイヤの重量UPも最小限に抑えられます。(まだ実証できていませんが)

それでダメなら、タイヤ交換をすればいいと思います。
タイヤ交換は簡単なこともわかったし〜ヾ(´▽`;)ゝ

そしてあと一つ。
携帯空気入れの炭酸ガスボンベの使用も止めたいと思います。
理由は、たった一回の充填で空になってしまうからです。
失敗したときのことを考えると・・・・((( ゚Д゚;)))ガクガクブルブル
小型の携帯空気入れを携帯することにしました。


では、また何かあれば報告したいと思います。
関連記事



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ<←ポッチっと応援よろしくお願いします<(_ _)>

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tottoco24.blog.fc2.com/tb.php/1043-6b60f126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)