FC2ブログ

とっとこ

ファイヤーラインEXT 



高結束強度、高直線強度、高耐摩耗性を実現する
最強のラインシステムがついに誕生!!
「ファイヤーラインEXT」

従来のファイヤーラインよりもしなやかなので、黒鯛、エギ、バスなど、ラインのフォーリング時にアタリを取るような釣りに最適!!やわらかめのラインが好みなシーバスアングラーにも好評です。従来のコシ・ハリがあるファイヤーラインと、シチュエーションによって使い分けることが可能です。

<< ファイヤーラインEXT 主な特長 >>

●高結束強度・直線強度!!
適度なしなやかさでノットやラインシステムが組みやすく、結束強度が抜群。新素材ラインの短所であるノット強度低下を大幅に改善。
ハイグレードダイニーマGSPをバークレイ特許製法(コールドフュージョンプロセス)で加工したため、驚異の直線強度を実現。同径のナイロンラインの3倍の強度があり、より細号糸を使用でき、飛距離アップ、超高感度を実現。

●高耐磨耗性!!
コールドフュージョンプロセスによる独特のコーティングが、スムーズな糸スベリを実現。飛距離と耐摩耗性が飛躍的に向上し、かつ糸鳴りや水切り音を抑えることに成功。

●適度なしなやかさ!!
通常のPEラインに比べて、しなやかなだけでなく適度なコシ、ハリがあるのが特長。
バックラッシュやガイド、トップへのライン絡みを予防。エギやベイチヌなどのフォーリング系の釣りにも最適。

●スムーズなフォールが繊細なアタリを伝達。 超高感度設計!!
3%以下の超低伸度による抜群の高感度。潮や流れのわずかな変化が手に取るようにわかり、微細な前アタリもキャッチすることが可能。


↑どっかからコピペしましたヾ(´▽`;)ゝ

写真は40lbですが、ワタシが使っている太さは16lbです。



ワタシはファイヤーラインXDSの支持者だったのですが、いつのまにか廃盤になりました。自分的には信頼できるラインだっただけに非常に残念です。

2007年からは新商品のファイヤーラインEXTが発売され店頭で見かけるようになりました。
商品パッケージである缶ケースの中身は一体どんな物なのか?確認することが全く出来ないのでしばらく買わずにいました。
しかし、先日の釣りで遠投をするとスプールに巻いているPEラインのストックがゼロになったのをきっかけに勇気を出してEXTを購入しました。

カラーは当然「ロービズグリーン」と決めていたのですが、買ってから家で缶ケースを開けたら「ハイビズイエロー」でした・・・ かなりショックでしたが(だから缶ケースはやめちくり)、スプールに巻くと、イエローのわりにはド派手ではなくナイトでの視認性を考えるとこれで良かったと。。結果オーライでした♪

実際に使ってみました。
印象は「飛ぶ!」です。ファイヤーラインはPEラインより飛距離の点では劣っていると思っていましたが、PE以上とまでは行きませんが同等レベルだと感じました。
EXTの特徴は従来品より「しなやか」ということです。これがどういう物なのか?使ってみると「XDSとそう変わらないな・・」と感じました。ファイヤーは使っているとコーティングがすぐに剥がれます。コーティングが剥がれると自然と普通のPEっぽくしなやかになります。それでいて風に流されにくくガイドに絡まりにくいのが特徴で個人的には気に入っていました。つまりこのEXTはコーティングが剥がれる前から「ややしなやか」というレベルの物だと思います。PEと比べて違和感はありますが、従来のファイヤーラインと比べるとしなやかなんでしょう(笑)正直よくわからないっす。
この「しなやかさ」がフォーリングでも力を発揮してくれるということなので今度期待します。

耐久性は相変わらずスバラシイですね。根ズレにも強いです。
リーダーとの結束も気持ちいいほどSFノットが決まります。
リーダーを細くしたのですが、PEの時は何となく結束部に不安があり、ウェイトがあるルアーを遠投する時には注意をしていたんですが、EXTだと強度が増したような気がします。NEWツインパワー(購入予定)で更にパワーアップしたいと思います。


話変わって、今年のテーマは「捕れる魚をキチンと捕ろう」です。いろんな意味が含まれますが、まあ、とにかく魚をバラさないようにって事ですヾ(´▽`;)ゝ
頑張りますわ〜♪

では!

関連記事



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ<←ポッチっと応援よろしくお願いします<(_ _)>

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tottoco24.blog.fc2.com/tb.php/903-184ef9cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)